探偵を選ぶ時、何を比較する?探偵の比較ポイントとその方法

探偵を選ぶ比較のポイントとは

探偵/興信所依頼の参考書
探偵選びで失敗しない方法
探偵の比較ポイントを押さえて、しっかりと探偵事務所を比較しよう!
探偵を選ぶ時、何を比較する?探偵の比較ポイントとその方法

初めての依頼の前に知っておくべきこと
探偵に調査を依頼するようなことは、一生に何度もない経験です。

何度もない経験だからこそ、依頼する方法や依頼の仕方、そして探偵の比較方法などはあまり知られていません。

しかし、探偵に調査を頼むような状況は、確実な調査結果を手にしたい状況であるはずです。

また、探偵の調査料金というのは、我々一般庶民にとって決して安いものではありません。大金を賭けて依頼する以上、こちらの望む結果を持ってきてくれる探偵を、確実に見つける方法を考えてみたいと思います。

探偵を比較するポイントは3つ

探偵の比較といっても、探偵自体にあまり関わりのない方には、何をどう比べればいいのかわからないと思います。

そこで探偵を比較するポイントを3つに分けて考えてみたいと思います。
その3つが「料金」「調査能力」「他業種との連携」になります。

皆さんが恐らく一番気になるであろう項目が「料金」でしょう。
まずはこの料金について比較するポイントを見ていきます。

探偵の料金は事務所によって支払い方法や提示の仕方が違います。
探偵の料金の支払い方法には「成功報酬制」、「着手金制」、「着手金+成功報酬制」と大まかに3つのプランが存在します。


大まかな分け方をすれば、「着手金制」はほぼ全額を依頼時に支払う前払い、
「成功報酬制」は調査後、結果が出てから大部分を支払う後払い、「着手金+成功報酬制」は半々で支払うイメージのプランです。この3つを比較するにはどうすればいいでしょう?

探偵の料金は大きく分けて3つに分類できます。

「人件費」と「機材費」と「諸経費」です。
料金を比較する場合は、それぞれの項目に分けて比較する必要があります。
この際注意するのは、「諸経費」に何が含まれるかを確認することです。

料金を比較すべく、数社から見積もりを貰った場合は、見積もり料金をできるだけ詳細な項目に分けてもらいましょう。

優良な探偵事務所であれば、詳細な内訳を教えてくれます。
反対にこの要求を断るような事務所は、あまり信頼のできる事務所では
ありませんので気をつけてください。

浮気調査の料金相場とできるだけ安く依頼する方法


探偵の調査能力は報告書に表れる

探偵を比較するポイントの2つ目、「調査能力」を比較するには
調査員の能力を知ることが必要です。

実際依頼をする前に調査員の能力を知るには、調査報告書も見せてもらうことです。多くの探偵事務所では提示用の調査報告書を用意しています。

むしろそれすらもない事務所は疑ってかかるべきでしょう。
調査報告書でチェックすべきはまず「証拠写真」の精度です

調査対象者の顔がハッキリと確認できる写真かどうかをチェックしましょう。
同時に調査報告書の内容もチェック。時系列に沿って丁寧にまとめられているか?
各報告事項に時刻の分かるような証拠は添付されているか?

など調査能力の高い事務所ほど報告書の精度も高くなります

また、調査能力を知るには、調査に当たる調査員のキャリアも重要な項目です。
依頼をする前に担当してくれる調査員のキャリアを確認しましょう。

もし若手だけのチームが担当すると聞かされたら、交渉して1人くらいはベテランを入れてもらってください。

探偵の調査業務は、現場で瞬時の判断を迫られるケースが非常に多い仕事です。
若い調査員だけですと、現場で適切な判断を下せない可能性があります。

意外と重要な他業種との連携

重要な比較項目に「他業種との連携」と書きましたが、これはつまりアフターサービスの充実を意味します。

他業種とは主に弁護士事務所や便利屋などのことになります。

例えば配偶者の浮気調査をお願いした場合を考えてみましょう。
調査の結果、浮気が事実だったとするとその後には離婚などを考える必要があります。その際1人で悩むより、相談相手がいる方が正確な判断ができるはずです。

相談は探偵事務所でできるかもしれませんが、離婚交渉となると弁護士が専門になります。探偵事務所で信頼できる弁護士を紹介してもらえれば、弁護士を探す手間は省けます。

探偵を比較するにはまず事務所へ

探偵の能力を比較するのに必要なことは、基本的に事務所に行って直接話をしないと分からないことが多くなります。

料金のことも、調査報告書のことも、まずは事務所に行って直接話す必要があります。多くの探偵事務所は無料相談を受け付けていますので、まずは気になる事務所に連絡をして無料相談をしてみましょう。

そこで見積もりを出してもらうという動きを数社行えば、依頼しようとしている調査の料金相場を知ることもできますし、何より探偵事務所の雰囲気も理解できます。

間違っても無料相談の場で、いきなり契約するようなことはないように。まずは比較してどこに調査を依頼すべきか考えてから依頼をしましょう。

探偵に関する記事
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.