探偵社の調査力は依頼をする人がチェックする

探偵/興信所依頼の参考書
調査力の比較は3つのポイントがあります。
探偵社の調査員、経験、機材など比べるべきポイントを押さえておきましょう。
探偵社ごとの浮気調査の調査力を調べる方法


探偵会社の能力は見極めが困難
配偶者の浮気を確信したら、その浮気をやめさせるにも、
離婚を考えるにも必要な物が「確実な証拠」です。

その「確実な証拠」を手にするために考えるのが探偵への調査依頼です。

しかし、ここで考えたいのが、「その探偵会社に依頼するか?」ということです。

探偵会社の開業・登録は、非常にハードルが低いものです。特に資産や会社の規模に制限はなく、もちろん資格も必要ありません。それこそ個人でも登録は可能です。

そんな状況ですから、いくら広告で威勢のいいことを語っていても、
その実力は未知数といえます。「個人でやっている探偵」は極端かもしれませんが、探偵の調査能力を事前に知ることはできるのでしょうか?


浮気調査のミスは致命傷になる

探偵会社の調査能力を事前に知っておいた方がいい理由は、
怪しい会社が多いからというだけではありません。

特に浮気調査の場合、調査失敗はあなたにとって致命的と言えるからです。

例えば調査の結果、証拠となる写真を撮ったが、その写真の精度が低く
(ピンボケ・暗すぎる・個人を特定できないetc)、証拠能力を
持たなかったですとか、そもそも調査をしているのが対象にバレてしまったとか。


こういったミスがあると、「確実な証拠」を入手することができず
調査料金だけを取られるという最悪の結果になりかねません。

しかも、一度調査を失敗してしまうと、改めて別の会社に依頼をする場合に
調査が難しくなります。さらに料金も改めてかかるわけですから、経済的にも時間的にも大きなマイナスになります。

だからこそ探偵の調査能力を事前に知る方法は重要です。
今回はその助けになる方法を考えていきましょう。


探偵の調査能力とは?

浮気調査における探偵の調査能力とは何かと考えると、
調査員の数」、「調査員の能力」、「調査機材の充実」の3つが重要となります。

調査員の数は多すぎても対象に見つかる可能性がありますが、1人で調査はできません。常に2~3人の人員が確保できる会社でないと、浮気調査はうまくいきません。

もちろん人員が揃っていても、その能力が低ければ意味がありません。

対象に見つかることなく、対象を見失うことなく、そして決定的瞬間を見逃さない能力は最低限必要と言えるでしょう。

最後に調査機材に関してですが、これもおろそかにできません。
特に夜に決定的瞬間が訪れることが多い浮気調査において、
それなりの機材がないとキレイな写真、つまり決定的証拠が手に入りません

これらの問題を見抜く方法を考えると、答えはひとつになります。


依頼前の面談で一言聞いてみましょう

まず調査を正式に依頼する前に、必ず事務所を訪れてください。

これはいろいろな部分で重要になりますが、
自身の目で確かめることで分かることが多くあります。

まずは事務所内にいる調査員の様子を確認しましょう。
この時重要なのが調査員の外見をチェックするということです。

能力の高い調査員は、そもそも奇抜なファッションはしません。
理由は単純で尾行の時に目立つから。人ごみに紛れる、サラリーマン、
学生など、一見おとなしい服装、髪形をしているものです。

事務所を訪れたら、調査員の外見を必ずチェックしてください。
同時に何人くらいの調査員が事務所にいるかの確認も必要です。

常に数人の調査員が事務所にいるということは、
それだけ調査員に余裕があるということ。

そうなるとあなたの調査にもしっかりと人員が割けるはずです。

調査員のチェックが終わったら面談です。面談の際は細かい打ち合わせが
必要ですが、その時に一言「調査機材を見せてください」と聞いてみてください。
この一言でいろいろなことが分かるはずです。


調査員の能力と機材の充実度が分かる質問

「調査機材を見せてください」と聞いた時に、
「それはできない」もしくは「今使用中なので見せることはできない」と
言われたら、その会社に依頼するのはやめましょう。

「できない」ということは機材に自信がないことの証拠です。
そんな会社に満足な調査はできないでしょう。
また、「使用中」と答えた会社も断るべきでしょう。

今使用中でないということは、あなたの依頼の調査の時も
「ない」可能性があります

機材を見せてくれたら、どんな機材があるのかを聞いてみましょう。
最低限必要なのが「暗視カメラ」、「光学100倍ズームの一眼レフカメラ」、
「小型カメラ」の3つです。

「暗視カメラ」は絶対必要なアイテムになります。

前述の通り暗いところでの撮影が多い浮気調査。
当然フラッシュを使った撮影などできませんので、必然的に暗視カメラが必要になります。

「光学100倍ズーム」は遠距離からの撮影には必要なアイテム。

ちなみに「デジタル100倍ズーム」とは仕組みが違いますので、
この辺りは少しネットなどで勉強してからにしましょう。


「小型カメラ」は状況によって使用することが多いアイテム。
これがないのでは満足な調査は難しいはずです。

そして、機材を見せてもらったら、機材に関する質問をしてみてください。
これはどんな時に使う、どんな機材ですか?」と。


調査能力の高い調査員であれば、当然流暢に説明してくれます。
しかし、調査員のレベルが低いと、説明がたどたどしくなります。
ここでも調査員の能力を測ることができるでしょう。


浮気調査は一発勝負

最初に書いた通り、浮気調査は失敗すると再度の調査が難しくなります。

つまり調査は一発勝負。決して妥協せずに探偵社を決めてください。

調査能力は調査員の人柄や外見に表れるもの。
必ず直接調査員にあってから判断することをおすすめします。
あと、最低限知っておいていただきたいのが、誇大広告の探偵社は、
あまり信用できないという事実。

「調査が失敗したら0円」とか、「調査成功率100%」など、
あり得ない広告を出している探偵社には近づかないべきです。

探偵社の調査に失敗はつきものです。
絶対に100%成功することなんてあり得ません。
それにも関わらず100%だの、失敗したら0円だの書いているところは、
嘘をついているか、調査をしたことがないかのどちらかです。

依頼前に事務所に赴き、調査員の様子と機材の確認。
この2つをするだけで、ある程度調査能力が分かるはずです。

TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.