自分でできる!ボイスレコーダーを使用した浮気調査

探偵/興信所依頼の参考書
ボイスレコーダーを使った浮気調査についてまとめました!
ボイスレコーダーを利用し、使い方を工夫すれば、自分でパートナーの浮気の証拠が掴めることができます。役立つ機能や機械の選び方もまとめていますのでご覧ください。

はじめに

自分の妻や夫、恋人が浮気をしているかもしれない。でも確証がない。

スマホを見るのも難しいけど、浮気をしているのであれば何か証拠が欲しい。
そんな方も多いかと思います。

そんな方でもまず簡単にできる浮気調査としては「録音」という方法があります。
手軽にできそうなボイスレコーダーを使用した浮気調査の方法を考えてみましょう。


録音は浮気の証拠になる?

例えば奥さんや旦那さんが、浮気相手と会話をしている内容を録音できたら、それは浮気の証拠になるでしょうか?

正確に言えば、「浮気があったことを決定づける」という意味では証拠になりますが、仮にこの浮気に関する話し合いが裁判沙汰にまでなった場合は、審判の場に持ち出してもほぼ証拠能力をもちません。まずはこれを理解しておきましょう。


録音のみでは言い逃れ可能

浮気と推定できるような音声を録音できたとしても、それが裁判では証拠にならない理由は、いくらでも言い逃れができるからです。

「確かにそういう会話はしたが、お互い冗談で浮気をしているふりをして遊んでいた」ですとか、「普通に電話で会話していたので、聞きようによっては浮気に聞こえるだけ」などという言い訳はいくらでも可能です。裁判になった場合、浮気を証明するには、もっと強い証拠が必要となります。


裁判で証拠になるのは画像・映像のみ?

裁判で浮気を争点とする場合、訴える側は「男女間の肉体関係が、継続的に複数回あった」という証拠を提示する必要があります。

つまり、浮気相手との肉体関係を決定づけるだけの証拠が必要ということです。

そうなると、2人がホテルに入る瞬間と出る瞬間両方を捉えた映像・画像が必要であり、さらにそういった関係が継続的に行われていたことを立証しなくてはなりません。

録音は証拠に添付するもの

仮に、肉体関係があったと類推できる画像・映像があり、それに加えてその関係が継続的なものであったと推測できる音声データがあれば、当然証拠として有効にはなります。

この場合、あくまで強い証拠品の補助として音声データによる証拠を添付するという形になります。

では、音声データを入手することに意味がないのかというと、そんなことはありません。意味は大いにあると言えます。


浮気があった事実を決定づける証拠として

まだ、奥さんや旦那さんが浮気をしているかもしれないという疑惑の段階で、浮気をしているであろうという音声データを入手することは大きな意味があります。

この音声データにより、奥さんもしくは旦那さんの浮気が、疑いようのない事実であることが確定し、その後の浮気調査にに生かされることになるからです

では、実際にどのようにして録音データを入手するのがいいのか考えてみましょう。

バレないように設置

まずはボイスレコーダーをバレないように設置します。

設置場所は状況により様々です。車で通勤している人に設置するのであれば、やはり車内に設置するのがベター。
浮気相手を乗せる可能性は非常に高いと思われます。通勤が電車の方には、普段持ち歩いているバックの中に忍ばせるのが有効でしょう。

浮気相手と会っているときも、恐らくそのバッグは持ち歩いているはずです。


家にいる奥さんの音声を入手したいのであれば、自宅内の各所に仕掛け、電話の内容などを録音しましょう。台所や寝室、リビングにもあるといいかもしれません。


ボイスレコーダー設置の注意点

ボイスレコーダーの設置に関しては、まず何より見つからない場所に設置するのが一番重要です。万が一調査対象に見つかってしまうと、まず犯人はあなたであるということはバレてしまいます。

そうなると、その対象者が浮気をしていようがしていなかろうが、あなたに対する信用はガタ落ちとなり、夫婦関係、恋人関係が崩壊してしまう可能性も否定できません。なにより調査対象にバレないことを第一に心がけてください。

録音しやすい場所を考える

調査対象に見つかりにくい場所とはいえ、録音ができていなければ意味がありません。
対象から遠ざかりすぎず、かつ、雑音に邪魔されない場所を選びます。例えば車に設置するのであれば、オーディオのスピーカーやエンジン音の響く場所を避け、できるだけ車内の音を拾いやすい場所を探しましょう。


自宅に仕掛ける場合も同様です。常に音が出ているテレビの側や、水を使った時の音が大きい水道の近くなどは避けるべきでしょう。


どんなボイスレコーダーを選ぶ?

録音による浮気調査に最適なボイスレコーダーはどのようなモデルでしょうか。
まずは何といっても小型であることが重要です。

とはいえ、小さいだけで機能面で劣るボイスレコーダーでは仕掛ける意味がありません。最低限の機能を持ち、かつ小さいモデルを選びましょう。

では、どのような機能がついているレコーダーがいいのか考えてみましょう。


浮気調査にオススメの機能

浮気調査で有効な機能とはどんな機能でしょう?まずは一度仕掛けると半日ほど録音をしなければいけません。

そう考えると「長寿命」というのは非常に大きな機能になります。電池寿命がさほど長くない場合、有効になるのが「音声起動録音(VCVA、VOS)」です。

これは、音声を認識すると、自動的に録音をスタートするという機能。
これがあると、不要な時の作動を抑制できるので、電池寿命が短くても問題ありません。

音声認識スイッチを搭載しているモデルの場合、重要になるのが録音できる件数です。音声を認識するたびに、録音と停止を繰り返すので、録音件数が少ないと録音しきれないことがありますのでご注意ください。
浮気調査に使用するのであれば、半日録音できる長寿命モデルか、多くの録音件数が可能なモデルを選びましょう。


録音は盗聴?犯罪?

旦那さんや奥さんの浮気調査に利用するとはいえ、会話を勝手に録音するのは盗聴にあたり、犯罪行為になるのでは?

そんな不安を持っている方もいるかと思います。

このタイミングで覚えておきましょう。「盗聴は違法行為ではありません」

日本の刑法、民法に、「盗聴をしてはいけない」という法律は存在しません。盗聴が犯罪と思われているのは、盗聴に伴い行われる他の行為が犯罪になる可能性が高いからです。

例えば盗聴器を仕掛けるために他人の家に侵入すれば不法侵入罪ですし、他人の持ち物を変形させるなどの行為があれば器物破損罪となります。
つまり、仮に夫婦で夫の浮気調査をするために、夫の車に盗聴器を仕掛けることを考えると、特に違法行為は行われていないということになります。


ボイスレコーダーは浮気調査に有効か?

ボイスレコーダーによる録音は、浮気調査においてどの程度有効といえるのでしょうか。最初に少し触れた通り、録音データ自体はさほど大きな証拠とはなりません。

しかし、強い証拠となる映像や画像を入手するために有効な情報を入手することは可能です。


例えば会話の中に「〇〇日に△△でデートをする」ですとか、「来週◇曜日にホテルに行く」など、いつどこで何をするのかが分かれば、その場所で張っていれば浮気の証拠を入手できる可能性は高くなります。


ボイスレコーダーを利用することで、パートナーが浮気をしているかどうか、そしていつどこで浮気相手と会う予定かを知ることができる可能性があるのです。


ボイスレコーダーの賢い利用法

では、最後にボイスレコーダーの賢い利用方法について考えてみましょう。

仮にボイスレコーダーで浮気相手と肉体関係を結ぶ時間と場所を知ることができたとしましょう。しかし、その密会現場に自分で出向いて、写真や映像を撮影するのは至難の業です。


浮気の証拠となると、被写体の顔がハッキリと認識でき、かつどこで撮影したかがハッキリ分かる必要があります。

しかも撮影が夜であってもフラッシュは当然使えません。
この状況で、調査対象者の恋人もしくは夫、妻が、調査対象者にバレないように撮影できるかと聞かれると、非常に難しいといえます。


そこでオススメなのが探偵への調査依頼です。探偵であればこういった状況の撮影も経験豊富ですし、高性能のカメラを扱うだけの技術もあります。安心して任せることができるはずです。


一般的に探偵に浮気調査を依頼すると、高額な費用が必要となります。これは、複数の探偵にある程度の日数稼働してもらうための人件費が大きく影響しています。しかし、事前にボイスレコーダーで情報を入手しておけば、決まった日数だけの稼働で証拠が入手できます。それだけ探偵の調査費用を抑えることが可能ということに。


調査能力の高い探偵を利用するためにも、ぜひボイスレコーダーでより多くの情報を入手しましょう。

浮気調査に関する記事
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚盗聴器運営元情報
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.