裁判で通用する浮気の証拠とは?

探偵/興信所依頼の参考書
裁判で認められる浮気の証拠を集める必要があります。
浮気の証拠は、どんな物が必要なのか。
浮気を確実に立証できる証拠を手に入れるために知っておいてもらいたい、
裁判でも通用する浮気の証拠について解説します。
浮気の証拠の集め方!裁判で通用する不倫の証拠とは


裁判で通用するレベルの「証拠」とは?
配偶者が浮気をしているようだ。そう気づいたら必要なのは「証拠集め」です。この「証拠集め」を甘く見ていると、自身の思い通りの結末が望めなくなります。配偶者の浮気を知った上で、それでも離婚はしたくない場合は証拠は必要ないかもしれません。しかし、その浮気を止めてもらうには、まず浮気をしている証拠を集めて、その浮気を止めるように諭す必要がありますので、離婚を考えていなくても証拠集めは必要かと思われます。
では、その「浮気の証拠」とはどんなものがあればいいのでしょうか?


アナタが考える「証拠」は証拠にならないかもしれません
浮気の証拠で真っ先に思いつくのが、配偶者の携帯電話やスマホの中身です。例えば怪しい内容のメールやLINEの履歴から浮気を確信するケースもあるでしょう。ではこのLINEやメールの履歴は証拠になるでしょうか?
答えは「NO」です。
例えば「昨日のSEXは最高に良かったよ」「私も」なんてやりとりを発見したら、それだけで不貞行為の証拠になると思いがちですが、そのメールを突き付けたところで、「冗談だよ。ちょっとタチは悪いかもしれないけど、社内で流行っている言葉遊びみたいなもの」と言われてしまえば、その履歴は不貞行為の証拠とはなり得ません。
ではラブホテルの領収書と会員証が出てきたとしましょう。会員証の名義は配偶者のもので、複数回利用したことが刻印してあったとしたら?
これも証拠にはなりません。
「あ~、会社の同僚のイタズラじゃないか? 会員証なんて身分証明書がなくても作れるだろ? 今度犯人見つけて注意しておくわ」と言われたら? これだけではまったく証拠能力はありません。
では、何があれば不貞行為の証拠となるのでしょうか?


裁判でも証拠認定されるものを集めるのが確実
一言で「浮気の証拠」と言いますが、本当に相手に言い逃れをさせない証拠というのは、結局裁判に提出しても認められるレベルの証拠ということになります。どんなものが証拠能力を持つかと言えば、やはり動画や画像ということになります。
配偶者と浮気相手が実際に不貞行為をしているところの動画や画像があれば文句なしですが、そんなものは本人にしか撮影できません。第三者が撮影したらそれは盗撮です。稀にスマホや携帯に画像や動画を残す人もいますが、浮気と考えるとさすがにそんな証拠を残すことはないでしょう。
実際に入手できる画像や動画となると、ラブホテルやビジネスホテル、もしくは不倫相手の自宅に入る時と、出るときのものとなります。しかも万全を期すのであれば、複数回ホテルや自宅に入る画像や動画を抑えることが重要です。


証拠画像が複数必要な理由
裁判で不貞行為を認める場合、一度きりの関係であれば、ちょっとした気の迷いや火遊び程度と認定され、証拠にはなってもあなたに有利な条件を引き出すほどの力はありません。複数回の密会を抑えることで、配偶者は定期的に、しかも長期にわたって不貞行為を行っていたことの証拠となり、あなたに有利な結論を引き出せる材料になります。
具体的にはラブホテルの出入りであれば3回程度、自宅やビジネスホテルの場合は5回程度の証拠が必要でしょう。ラブホテルだけ数が少ないのは、ラブホテルは基本的に肉体関係を結ぶために使用する施設という認識があるためで、ビジネスホテルや相手の自宅は、入ったからといって肉体関係を結んだと結論付けられない施設だからです。
また、この証拠写真や映像は条件があり、不倫相手や配偶者がしっかりと認識できるだけの鮮明なものである必要があります。


浮気の証拠の集め方
では、ここで質問です。アナタが毎日一緒に過ごしている配偶者に見つからないように尾行をして、しかも決定的瞬間を、かなりの高精度に撮影することができますか? 恐らくほとんどの人が「NO」と答えるはずです。仮に「YES」と答えたところで、実際に実行できる人はほとんどいないでしょう。尾行や撮影はそんなに簡単な物ではありません。
そこでおすすめするのが「探偵」ということになります。探偵はもちろん配偶者にも不倫相手にも顔がバレていません。さらに撮影の腕もキッチリ訓練していますので、ミスを犯すようなことはまずありません。それが仕事ですから。


探偵に依頼する前にアナタにしかできないことを
実際に証拠を集めることは探偵に任せるとしても、すべてを探偵にお任せでは探偵の調査料金は膨大なものになります。まずはアナタ自身がバレない範囲で証拠の補助となるものを集めましょう。
「証拠の補助」とは何か? これがつまりLINEやメールのやり取りであり、ラブホテルの領収書や会員証になります。これらは単独では証拠能力はほとんどありませんが、決定的な証拠を裏付けるものとしてはこの上なく重要です。「誰と、何曜日に、どこのホテルで会っているようだ」ということが分かれば、あとは探偵が尾行してそれを決定づける写真や動画を押さえるだけです。こうなると探偵の調査期間は短くなり、しかも調査すべき事柄も少ないため、調査料金はかなり抑えられます。


浮気を確信したら…
配偶者の浮気を確信したら、離婚をするしないは別にして、その浮気を止めさせるためにも証拠集めは必須です。証拠を集めた上で、アナタがどうしたいかを考え、後の行動に移すようにしましょう。
そうするためにもまず浮気を確信したらまずは個人でできる「証拠の補助」集めを始めましょう。メールやLINEのやりとりえを写真に納める、疑わしい出費の領収書を抑える、配偶者が浮気をしているであろう日の確認、浮気相手と思われる個人の特定などなど。
ご自身で無理のない範囲でデータを集めたら、次はそのデータを持って探偵社に相談に行きましょう。探偵社は家から遠すぎず近すぎずがオススメ。遠すぎると相談に行くのが億劫になりますし、近すぎるとご近所の目が気になります。
質のいい探偵社を探すにはいくつかコツがありますが、それは別の記事を参考にしていただき、とにかく直接相談ができる探偵社を見つけてください。
配偶者の浮気に気付きながら、何もせずに毎日を過ごすのは大きなストレスです。できるだけ早くそのストレスを取り除くことを第一に行動してください。

TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.