偽装盗聴器を調べる方法

探偵/興信所依頼の参考書

様々な物に偽装された盗聴器を調べる方法とは?

近年盗聴器の進化は目覚ましく、家にあるもの、オフィスにあるものに偽装して設置される盗聴器は増え続けています。

中にはそのアイテムとしての機能を持ちながら、その内部に盗聴器が隠されている物もあり、それが盗聴器であると気づくのが難しいものも増えています。そんな偽装盗聴器を調べてみました。

ペン型などの録音タイプの盗聴器

何より気になるのが、自宅に仕掛けられている偽装盗聴器の存在でしょう。

普段何気なく暮らしている中で、あなたの会話が外部に筒抜けになっている可能性があります。

まず有名なところでは「ボールペンタイプ」。

ボールペンの一部に盗聴器が仕掛けられている物ですが、ほとんどの物がボールペンとしても普通に使えるのが怖いところです。

最近増えているタイプですと、「カード型盗聴器」というものがあります。

これはクレジットカードやキャッシュカードとほぼ同じ大きさながら盗聴器が仕込まれているという薄型モデル。

もちろん薄型とはいえ、記録媒体などが仕込まれていますので、他のカードに比べると若干厚みがあります。

このカード型盗聴器やボールペン型盗聴器は、電源が接続されていないため、回収する必要がある録音タイプの盗聴器が多いのも特徴といえるでしょう。
USBメモリ型などの電源供給タイプの盗聴器

続いて自力で電源供給ができるタイプでありながら、自宅にあっても不自然ではない偽装盗聴器も存在します。

代表的なのは「時計型盗聴器」でしょう。

時計には乾電池やコンセントが必須であり、そこから盗聴器も電源を受け取って稼働しています。電源供給ができるので改修の必要がなく、電波で音声を飛ばすタイプが目立ちます。

最近増えているのが、「USBメモリータイプ」や「モバイルバッテリータイプ」

USBメモリーはPCに差した状態であればPCから、モバイルバッテリーは充電時に電源供給が可能です。昔から多く使われる「コンセントタップ型」も同様に電源には困らないタイプといえるでしょう。

オフィスにあっても不自然ではない偽装盗聴器

オフィスの場合自宅よりも盗聴器を仕掛けやすく、また置いてあっても不自然ではないものも数多くあります。

まず「電卓型盗聴器」。

オフィスのデスクに電卓があることは自然なこと。その中に偽装された盗聴器が仕込まれていてもまず気づきません。

もちろん通常通り電卓としても利用できます。 「PCのマウス型盗聴器」もオフィスに溶け込む自然なアイテムといえるでしょう。

もちろんPCから電源を供給し続けますので、いつまでも稼働し続けることになります。

他にも「電話のモジュラーコード型盗聴器」や「車のキー型の盗聴器」なども存在します。もちろんUSBメモリーや時計型の盗聴器もオフィスにあっても不自然ではないでしょう。

偽装盗聴器の発見方法

もはやどこに仕掛けられているかわからない状況になりつつある盗聴器。

普段の生活の中にあるものに偽装されてしまっては、発見も困難になります。

そんな盗聴器の発見方法はあるのでしょうか?

まず偽装しているかどうかは置いておき、盗聴器の発見方法について考えてみましょう

盗聴器の発見方法は主に2種類。 盗聴器が飛ばしている電波をキャッチして発見する「電波を捜索する方法」と、盗聴器が出している熱を感知して発見する「熱感知式の方法」です。

これは盗聴器のタイプによって使い分けることになります。

電波を飛ばしている盗聴器の場合、一度設置してしまえばいつでも盗聴することが可能。ただし電波が届く範囲に近づく必要があります。

この電波を飛ばすタイプの電波には種類があります。

アナログ電波とデジタル電波。アナログ電波を飛ばす盗聴器は比較的安価で手に入りますが、電波をキャッチするには50~100m圏内に近づく必要があります。

アナログ電波を検知する盗聴器発見機は、一般的に「盗聴器発見機」として売られているのはこのアナログ電波をキャッチするものが中心です。

デジタル電波の検知は難しく、発見するための機器も専門知識がないと扱えないものになります。これは発見の専門家に依頼したほうがいいでしょう。

盗聴器が電波を飛ばさず、盗聴器自体に音声データを録音しているタイプは、この電波を検知する方法では見つかりません。

目視で分かる範囲であれば目視で探しますが、見て分からない場合は「熱」を感知する捜索方法が利用されます。これはサーモグラフィなどで部屋を測定し、不自然に発熱している部分を見つけるという方法。なかなか素人では行えません。

自宅に仕掛けられた偽装盗聴器の探し方

自宅に仕掛けられた偽装盗聴器の発見方法を考えてみましょう。

自宅に仕掛けられるということは、電波式の盗聴器である可能性が高くなります。

録音式の場合は、録音した盗聴器を回収する必要があります。

盗聴器を仕掛けた人間が、再び自宅に侵入して盗聴器を回収するにはリスクが大きいからです。

電波式の盗聴器を見つけるのであれば、電波を検知する方式が一般的ですが、上でも触れたように電波にはアナログとデジタルの2種類があります。また、デジタル電波は検知するのが難しいので、結論としては専門家に依頼するのがベストといえるでしょう。

ただしその前にやっておくことがあります。

専門家に調査を依頼する前に

まずは自宅に「見覚えのないもの」が置かれていないか確認することです。

例えば掛け時計や目覚まし時計などは、自分で買った覚えのない物はすぐ気づくでしょう

ただ、コンセントタップなどはすり替えられても気づきにくいですし、USBメモリやボールペンに関しては、見覚えのないものがあっても「仕事場で紛れ込んだかな?」程度でさほど不振には思わないでしょう。

こういった不審な物があれば、ひとまず分解して中を確認してみてください。ひょっとしたら偽装盗聴器かもしれません。

また、最近知人から贈られた物にも注意が必要かもしれません。 盗聴をする人間は、盗聴したい相手の住居に盗聴器を仕掛けたいはずですが、勝手に侵入すれば住居侵入罪になります。そこで贈答品の中に盗聴器を仕込んで渡す人は少なくありません。
合法的に盗聴器を相手の自宅に仕込む方法です。

そこであまり親しくない人にもらった物には要注意。

ぬいぐるみのような物であれば分かりやすいのですが、ちょっとした知人に譲ってもらったUSBメモリやモバイルバッテリーなどの場合は気づきにくいものです。

譲ってくれた知人には申し訳ないところですが、一応分解して内部をチェックするといいでしょう。
偽装盗聴器の捜索依頼はどこにする?

では、盗聴器の捜索を依頼することになった場合、どんな業者に依頼するのがいいでしょう?

一般的には探偵会社や興信所、そして盗聴器や盗撮カメラの発見を専門にしている業者ということになります。

しかしこういった業者の中には悪質な業者がいるのも事実ですので、優良業者を見つけて依頼しましょう。

では、優良な業者を見極めるコツはどこでしょう?

まず、肝心な捜索能力の確認します。一般的に検知しにくいデジタル電波を検知できる「スペクトラムアナライザー(通称スペアナ)」を持っているかどうか、そしてそれを扱える専門家がいることが重要です。

他には「100%発見します」や、「発見できなかったら調査費用0円」などという、現実的ではないキャッチコピーを掲げている会社も信用できません。

調査を依頼する前の打ち合わせで、自分たちが持っている機器や実績をきっちり説明できる業者に依頼するようにしましょう。

盗聴に関する記事
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚盗聴器
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.