浮気調査を安く探偵に依頼する方法とは

探偵/興信所依頼の参考書
浮気調査の料金相場とできるだけ安く依頼する方法
浮気調査の料金相場
一口に浮気調査といっても、調査の内容によって料金は大きく変わってきます
それでも無理矢理相場を出せば、10~100万円といったところでしょうか?
あまりに開きがあるので参考にならないかもしれませんが、
実際浮気調査にはそれほど料金に開きがあるものなのです。
なぜそうなるのか? 探偵の調査料金の考え方について解説していきたいと思います。
探偵の調査料金の考え方


探偵の調査料金を細分化して考えてみましょう。
調査料金を大まかに分けると、
  • 「人件費」
  • 「着手金」
  • 「機材費」
  • 「交通費」
  • 「成功報酬」
  • 「その他」
  • になります。
人件費」はその名の通り、調査員に払う料金です。
浮気調査の場合、多くは2~3人ひと組での調査になりますので、
時給×調査時間×人数」で計算できます。
浮気調査の料金相場(調査員の人数別)

問題となるのが調査員の時給ですが、おおよそ10,000~20,000円といったところが
相場のようです。時給10,000円と聞くとかなり高いように聞こえるかもしれませんが、
調査員は素人のアルバイトではありません。

尾行や撮影などの訓練を受けた探偵ですので、通常のアルバイトとは時給は比較になりません

また、浮気調査1件に関わると、その調査員は他の調査はできなくなります。
浮気調査が調査対象の仕事終了後から帰宅までの数時間だとしても、その数時間以外働けないとなれば時給はまた高くなります。

「交通費」や「機材費」はその名の通りで、ケースバイケースですが、
よほど悪徳な探偵社でない限り大きな差はつきません。
「成功報酬」や「着手金」、「その他」に関しては続けて説明していきましょう。

直接会って不明点をなくすのが重要
「成功報酬」や「着手金」に関しては、きっちり会って話を聞くことが重要です。
特に「成功報酬」に関しては、依頼主と探偵社で考え方に相違が起きやすい項目ですので注意してください。

依頼主にとっては「浮気の証拠をつかむ」ことが成功の条件だとしても、
万が一本当に調査対象が浮気をしていなかったとしたら?

探偵社にとっては「浮気をしていない」という事実を掴んだことで「成功」となりますが、依頼主はどうでしょう?浮気していないと言われても成功とは思えないでしょう。

こういった意識の相違がトラブルの元となりますので、
事前にきっちり話し合っておきましょう。

「着手金」や「その他」の項目に関しても、金額はもちろんその金額に何が含まれているかをきっちり説明してもらうことが重要です。普通の探偵社であればこういった質問には真摯に答えてくれます。

答えを濁したり担当者不在を理由に説明しないような
探偵社は信用しない方がいいでしょう。

料金形態は主に3種類
探偵料金には主に3つのタイプがあります。
調査員の時給に合わせて計算する「時給制」、ある程度の期間を想定した料金がひとまとめになった「パック制」、そして調査終了後に報酬を支払う「成功報酬制」です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。
「時給制」は調査した分だけ支払うタイプですので、
調査期間が短いと安く済むプランですが、調査が長期間に渡ると割高になります。

「パック制」は最初から期間が定められているプランですので、
予定通りの期間で終了する調査であれば割安になります。

しかし調査が予定より短期間で終了しても支払う料金は一緒ですので、
こういった場合は割高になってしまいます。

成功報酬制」は探偵社によって規定が違いますので、
よくよく話し合って検討するのが重要です。
調査料金を抑えるコツ
浮気調査といってもケースは様々です。
例えば「浮気は間違いない。相手も会う曜日や時間も見当はついているので、
証拠写真が欲しい
」というのも浮気調査なら、「何の証拠もないけど、浮気している気がするから調べてほしい」というのも浮気調査です。

この2つのケースでは調査方法も調査期間も大きく異なります
そうなれば当然最適な料金プランも違ってきます。

調査料金を抑えるコツは、自身の依頼したい調査と、
料金形態が合致していることが重要です。短期間で終わる調査、
つまり多くの情報をすでに持っている浮気調査の場合は
時給制」のプランがオススメです。

反対に情報の少ない浮気調査は時間がかかります。
こういった場合は「パック制」がいいでしょう。
ご自身の状況に合わせて最適なプランを選ぶようにしましょう。
最低でも確認しておくべき事項
探偵に調査を依頼する時は、後のトラブルを避けるためにも
いろいろ確認をしておくことをオススメします。

特に多いのが料金に関するトラブル。
前にも触れた「成功報酬」の考え方の相違などもその一例です。
こういったトラブルを未然に避けるためにも、依頼の前には必ず探偵社を訪問し、
直接担当者と話し合いましょう。相手を知ることで信頼関係も築け、
さらに不明点もなくなるので安心して調査を依頼できます。

また、同時に確認をオススメするのが「キャンセル料金」についてです。
調査の直前になってやっぱりやめたくなった、調査が始まった直後に事情が変わった時など、キャンセル料金はタイミングによって変わります。

どのタイミングでキャンセルをしたらどのくらいの支払いになるのか確認を忘れずにしておきましょう。契約するのはすべての確認が終わった後です。
浮気調査は賢く依頼しよう
ここまで浮気調査を依頼する際の注意点や、料金を抑える方法を紹介してきました。

探偵の調査料金は、一般人にはやはり高額なものと言えます。
それだけ高額な料金を支払うのですから、最低限料金を安く抑える努力は必要です。
料金を安く抑えるにはそれなりの知識が必要。知識と言っても難しい話ではありません。
日常生活ではなかなか知り得ないだけで、探偵料金の仕組みはさほど複雑ではありません。
大事なのは探偵の事務所に訪問すること。そして直接話を聞くことです。

調査を依頼する時は、必ず不明点をすべて解消してから
契約することは忘れないようにしてください。
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.