浮気調査にGPSを活用!GPSを使って浮気現場を特定する方法

浮気調査にGPSを活用する方法!

探偵/興信所依頼の参考書
自宅に居ながら浮気現場を特定できる!GPSの浮気調査活用法!
GPSを使えば探偵は必要ない?浮気調査にGPSを活用する方法と、
GPSを使った浮気調査の注意点を確認しよう!
浮気調査にGPSを活用!GPSを使って浮気現場を特定する方法

テクノロジーの進化によって、今ではGPSの存在は当たり前になりました。

一昔前までは、スパイ映画などの中だけのもので、私たちには身近なものとはいえませんでした。

しかし、今ではスマートフォンに搭載されていて、私たちにとってはなくてはならない存在ともいえるようになってきたのです。実際、GPS機能によって随分助けられる場面もあるはずです。

そんな便利なGPSですが、その特性上、本来の目的以外のことに利用されることが
多いようです。それが、浮気調査です。

今回は、GPSを浮気調査に活用する方法と、その危険性について紹介します。

GPSを使った浮気調査は違法?

携帯を紛失した時に、GPS機能を使って、携帯の場所を探せるアプリがあります。

それらのアプリを使って、浮気調査を行おうと考えている人もいるのですが、ここで知っておかなければいけないことがあります。

それが、夫や妻の携帯に無断でアプリをインストールすると罪に問われる可能性があるということです。

例え、配偶者といえども、本人の知らないところでアプリを勝手にインストールする行為は、不正指令電磁的記録供用罪という罪に問われる可能性が高くなってしまうのです。

これでは、自分が悪者になってしまいます。
そのため、便利に感じてしまうかもしれませんが、
アプリを使った浮気調査はおすすめできません。

では、GPSを使って行う浮気調査というのはどうなのでしょうか?

GPSを仕掛ける場合、多くは車やバイクといった移動時に使用するものになります。
配偶者名義の車に、GPSを仕掛けると罪に問われてしまうのでしょうか?

答えは、ノーです。

何故なら、車というものは夫婦の共有財産だとされているからです。

共有財産ということは、自分のものでもあるので、GPSを取り付けても罪に問われることはないのです。

そのため、どうしても配偶者の浮気が気になるのであれば、まずはGPSを使って行動を把握してみることから始めてみるのもいいでしょう。

知っておきたいGPSの種類

GPSには、大きく2種類に分けることができます。
それが「リアルタイム型GPS」と「ロガー型GPS」です。

まず、リアルタイム型GPSについて紹介していきます。

リアルタイム型GPSは、本体から信号を発信しているので、パソコンやスマートフォンなどを使い、今現在、どこにいるのかをリアルタイムに確認できるものとなっています。

一方の、ロガー型GPSGPS自体に位置情報を記録していくものとなっています。
その記録データをGPSを回収してから、確認するようになっています。

そのため、まずは行動を把握しておきたいと考える人にとっては、役立つものとなっています。

それでは、2種類のGPSのそれぞれの特徴を簡単に説明させていただきます。

まず、リアルタイム型のGPSリアルタイムでの行動が把握できるので、証拠を突き止めたい時などに向いているといえます。

一方のロガー型は、相手の行動パターンを把握しておきたいといった目的の場合に向いているといえます。

どうしても、浮気の証拠をつかみたいのであれば、まずはロガー型で行動を把握しておき、証拠を手に入れる時に、リアルタイム型のGPSを使うのがいいでしょう。

ある程度、行動を把握していれば、リアルタイム型の使用時に、浮気現場をバッチリと押さえられる可能性が高くなります。

2つのGPSを使い分けることによって、浮気現場を押さえる精度をあげることが可能になるのです。

本当に自分で浮気調査ができるのか?

ここまで読んできて、GPSの機能についてはご理解いただけたと思います。
しかし、本当に大切なのは自分で浮気調査ができるのか?という点です。

答えはイエスです。

最近では、インターネットでGPSをレンタルしている業者もありますし、
費用もそれほど高額なわけではありません。

また、設置もそれほど難しいものではなく、簡単にできます。
つまり、誰でもGPSを使って浮気調査を行うことは可能だということです。

しかし、注意しておかなければいけない点もあります。

次章では、GPSを使って自分で浮気調査を行う際の注意点を紹介します。

GPSを使って浮気調査をする時の注意点

まず、最初に注意しておきたいのが、GPSの取り付け場所です。

GPSは、設置したから終了というわけではありません。
何故なら、電波の状況によって精度に変化が出てくるからです。
そのため、車であれば車内ではなく車外への設置が適しています。

見つからないことはもちろん、設置場所についても考えておく必要があるのです。
続いての注意点は、車検日や修理に出す予定がないかという点です。

車検時には、車に故障がないかを隅から隅まで点検します。
そのため、取り付けたGPSを発見される恐れも出てきます。


発見された時に、持ち主に確認されたらGPSを取り付けたことがバレてしまいます。

こうなってしまっては、浮気に気付かれたと思い、その後の証拠集めが難しくなってしまいます。

そして、最後の注意点は、その後についてのことです。GPSを使って浮気調査を行うことはできます。

しかし、裁判などではそれが浮気の証拠とは認められない場合があります。
浮気の証拠として提出するためには、例えばホテルから二人で出てきた写真や映像、浮気相手の住所などが必要になってくるのです。

つまり、GPSを使って浮気調査を行っても、浮気の事実は把握したけれど、裁判に利用できる証拠は集まっていないという状態だということです。

もし、慰謝料の請求などを求めるのであれば、ここからがスタートになるということを理解しておいてください。

まとめ
GPSを使って、誰でも浮気調査を行うことはできます。

しかし、それがそのまま裁判での証拠として使えるわけではありません。

そのため、あまり物事を慌てて進め過ぎないようにしてください。
慰謝料の請求などを考えているのであれば、浮気の事実を把握してからがスタートとなります。

そのことを理解したうえで、GPSを使うようにしてください。

調査に関する記事
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.