浮気を疑ったらまず確実な証拠を

探偵/興信所依頼の参考書
探偵依頼で取得した浮気の証拠の利用方法と出来る行動
探偵が取得する浮気の証拠とは?
皆さん「浮気の証拠」と聞いて何を思い浮かべるでしょう?

浮気相手と思われる人との親密な内容のメール、一緒に写っている写真、配偶者と浮気相手が一緒に歩いているところを友人が目撃したなど。

しかしこの程度では、浮気をしていた確実な証拠とは言えません。例えば裁判でこれらのものを証拠として提出しても、証拠としては認定されません

探偵に依頼して入手できる「浮気の証拠」とは、裁判に提出しても認められる確実な証拠のことを言います。
「確実な証拠」とは、第三者が見ても「不貞行為を働いた」ことが類推できる物のこと。

では不貞行為とは何のことを言うのでしょうか?
配偶者がある状態で、他の異性もしくは同性の人物と恋愛関係に陥り配偶者を裏切る行為を不貞行為と言います。

しかし恋愛関係とは感情的なもの。
第三者から見て確実に恋愛関係にあることを証明するには、肉体関係があったことを証明するしかありません。

肉体関係があったことを証明するのはどのような証拠が必要でしょうか?

探偵だからこそ入手できる証拠
配偶者の不貞行為を証明するには、配偶者が不倫相手と肉体関係にあったことを証明するしかありません

しかし、配偶者と浮気相手の性交渉の瞬間を静止画や動画で撮影するのはほぼ不可能です。
そうなると確実な証拠とは「性交渉をしたと推測できる」証拠のことになります。

例えばラブホテルに2人で入り、性交渉を行うのに十分な時間ホテルに滞在しラブホテルから出てくる。

その出入りの瞬間を写真や動画で抑えることで、誰が見ても性交渉があったと推測できる証拠となります。

これが探偵が入手できる、浮気の「確実な証拠」の代表的な例になります。

この証拠でできることを確認

浮気の確実な証拠を入手した場合、アナタには何ができるのでしょうか?

ケースごとに考えてみましょう。
まずは浮気はハッキリしたけど離婚はしたくないケースです。
離婚を回避するのであれば、なにより重要なのは浮気を止めさせることです。

これは基本的に夫婦間の話し合いということになりますが、この話し合いの場でも確実な証拠があるのは非常に重要な事です。

浮気をした配偶者に言い逃れをさせないことで浮気を認めさせ、浮気を止めさせる方向で話を進めることができるでしょう。

夫婦間の話し合いでも感情的になってしまいそうであれば、冷静な友人や家族に同席してもらうのもいいかもしれません。

もし誰かに立ち会ってもらう場合は、「離婚をする気はない。浮気をやめて欲しい」というアナタの要望を事前にキッチリ伝えておきましょう。

離婚をしなくても慰謝料の請求はできる
慰謝料という言葉を聞くと離婚の二文字が頭をよぎるかも知れませんが、「慰謝料=離婚」ではありません。

慰謝料とはあくまでも精神的な苦痛に対して請求するものですから、離婚をしなくても請求は可能です。

とはいえ請求相手は配偶者ではなく、その浮気相手になります。

配偶者に慰謝料を請求しても同じ夫婦の財布の話ですから、あまり意味はありません。

浮気相手に慰謝料を請求する際に必要なのが「浮気の確実な証拠」です。
この証拠を手に浮気相手に慰謝料を請求しましょう。

ただし離婚をする気がない場合、慰謝料の請求に関してはキッチリ話し合ってください
あまり過剰に追い詰めると、アナタとやり直すより浮気相手との将来を選択してしまいかねません。あくまでも離婚を回避することを念頭に話し合いましょう。
離婚を決断したのであれば最大限活用しましょう
浮気をきっかけに離婚を決意したのであれば、確実な証拠を存分に活用しましょう。

まずは自分は離婚を望んでいないことを主張してください。
離婚を望んではいないが、浮気のせいで婚姻関係を継続することができないと訴えることで、心象が変わり、アナタに有利に話を展開できます。

こういった話を展開できるのも、相手が言い逃れできない確実な証拠あってこそです。
離婚協議がこじれて離婚調停ということになれば、浮気が立証されて相手はさらに不利な立場になります。

離婚協議においては、慰謝料、財産分与、お子様がいるのであれば養育費について話し合うことになります。

離婚の場合まず必要なのが離婚後3ヶ月程度不自由なく暮らせることです。
アナタが仕事をしていれば別ですが、専業主婦であれば100万円程度の金銭を、離婚決定後すぐに受け取れるようにしてください。

離婚後新居に引っ越す費用で50万円、その後数ヶ月生活する費用で50万円という計算ですが、当然これは新居にかかる費用によって前後します。

また、月々受け取れる金額についてもハッキリさせておきましょう。
たとえ協議離婚でも、こうした金銭のことについては公正証書に残しておくことをオススメします。

浮気を疑ったらまず確実な証拠を
配偶者の浮気を疑ったらまずは自身でできる範囲での証拠を集めます。

浮気相手とのメールや写真を発見する、何曜日に会っていることが多いかを調べる、会っている大体の場所を調べるなど、配偶者のスマホやパソコン、手帳などから得られる情報をできるだけ集めましょう。

しかし、勢い込んで尾行をしたり、中途半端に問い詰めたりはしないように。
相手に見つかったりしたら浮気をしている人間は警戒を強めてしまい、探偵でも調査が難しくなります。

できる範囲でデータを集めたら探偵に相談です。
ここでアナタが調べたデータが多ければ多いほど探偵の仕事は少なくなり、より短期間で確実な証拠が手に入ることになるでしょう。

浮気の確実な証拠は、配偶者との話し合いで伝家の宝刀となります。
相手に罪悪感を持たせるために有効に活用するようにしましょう。
浮気に関する記事
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚盗聴器
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.