探偵の結婚調査はどのような内容で費用相場はいくら?

探偵/興信所依頼の参考書
結婚調査の内容と費用の相場とは?
結婚調査とは?
結婚調査とは、結婚を予定している相手(彼氏および彼女)の身辺調査をすることを指します。結婚を考えている相手に関して、不安に感じている点を調査し納得の上で結婚する、もしくはどうしても納得できない場合は破談にする、最悪のケースでは訴訟を起こす。

そのための調査となります。
結婚調査に関しては、浮気調査と同様に一般人の個人、しかも当事者が調べるのは非常に難しいことになります。ネットを調べれば、簡単な身辺調査の方法などがありますが、もちろんそれだけで十分な情報が集められるものではありません。

しかも当事者が調べるとなると、万が一バレた場合に、相手から抱かれる不信感は想像以上でしょう。そう考えれば、結婚調査に関しては探偵社に依頼するのが妥当と言えます。

調査のプロである探偵であれば、依頼した情報を入手するのは難しいことではありません。依頼者が望むのであれば、相当広範囲の情報を集めることが可能です。
もちろん法の許す範囲で、ということにはなりますが。

そんな結婚調査の諸々について見ていきたいと思います。

結婚調査をする理由
そもそも交際している相手の身辺調査をなぜ行うのか?

結婚という人生の一大行事に関わるから、というのも理由の一つではありますが、
それ以上に結婚調査に関しては面白い傾向があります。

それは当事者からの依頼に比べて、
当事者のご家族からの依頼が非常に多いということです。
「恋は盲目」などという言葉があるように、恋人のことについて意外と当事者は
気づかない、もしくは気にしないケースが多いのです。結婚詐欺のような犯罪がいつまでもこの心理状態が理由でしょう。

単に自分の子どもが、異性と交際しているというだけなら両親はあまり口を出してきません。子どもが結婚適齢期ならなおさらです。しかし交際から結婚に話が進むとそうはいきません。

相手がどんな人間なのか?また、結婚とは当事者同士のみの問題では収まりません。
双方の家同士の契約ということになりますので、ご両親にとっては不安な点が多くて当たり前なのです。そこで、当事者には黙って探偵社に相談に来るご両親が多くなるのです。

結婚調査の内容

では具体的に身辺調査でどんなことを調べるのでしょう?

これは書きだすとキリがないほどの情報になります。
簡単に考えられるところでは、

  • 対象者の学歴
  • 職場
  • 職場での評価
  • おおよその年収
  • 借金の有無
  • 借金歴の有無
  • 趣味
  • 交友関係
  • 浮気の可能性
などなど。

さらに特殊な例では、対象者の離婚歴とその理由現在本当に独身か
犯罪歴などもあります。なぜこんなに多岐にわたるのか?
それは依頼者により不安に感じている部分がケースバイケースで変わってくるからです。

もちろん上に挙げたような内容をすべて調べる方はほとんどいません。
お金と時間があるのであれば、片っぱしから調査をしてもいいかもしれませんが、
ほとんどの場合は不安に思っているポイントに関して調査を依頼する形になります。

また上でも書いた通り、結婚とは家同士の契約でもあります。
そこで相手の実家に関しての調査も少なくありません。

実家の住所、実家の家族構成、実家の経済状況、実家の職業、実家の周辺の評判など、こちらも調査内容は多岐にわたります。

結婚調査を考えている方は、探偵社の無料相談を利用して、具体的にどんな部分に不安を感じているかを真剣に、できるだけ詳細に相談することをオススメします。この無料相談で細かく事情を説明すればするほど調査内容は絞り込むことができるため、費用も抑えることができます。

結婚調査の相場
では気になる相場ですが、これは調査項目の量にも大きく関わってきます。
探偵の調査料金が大きく変わってくるのは人件費とそれにかかる実費です。

調査料金の考え方は「基本料金+人件費」で間違いありません。
結婚調査とは身辺調査ですから、調べる項目によってかかる時間と、
かかる人数を想定すればおおよその計算はできます。

例えば尾行等が必要なく、探偵1人が1日で調べられるような内容であれば、
探偵の人件費(¥20,000~¥30,000/日程度)と基本料金(¥30,000/日前後
ですから¥50,000~60,000+実費といったところでしょうか。
調査項目に尾行が入ると探偵は最低でも2人は必要になりますし、
周辺への聞き込みなどが必要になればさらに人員は増えます。

当然それなりに金額も上がりますので、探偵と細かく打ち合わせをしましょう。
調査対象が婚約者個人だけではなく、婚約者の実家や家族も、となると費用は大幅に上がります。

単純に調査対象が増えるだけではなく、実家が遠方ともなれば調査員の交通費、
滞在費などがかかるためです。予算と相談しながら、
本当に必要な項目だけを調査してもらうようにしましょう。

結婚調査の結果から
結婚調査の報告は様々です。

探偵に依頼して、詳細な情報を入手したらその後どうするかは依頼者次第です。
探偵が持ちかえるのはあくまでも「事実」のみ。
だからどうする?を決めるのは依頼者ご自身です。調査対象に借金があったとします。

その結果を受けて「借金があるとなると将来が不安」と別れるのもアリですし、
「一緒に頑張って返していこう」と前向きにとらえて結婚するのもアリです。

冷静な第三者である探偵が見つけてきた情報を元に、依頼者ご自身で将来について考えるの肝心です。もし結婚調査の依頼を考えているのであれば、まずは調査対象に関するできるだけ詳しい情報を用意しましょう。

また、何について調べてほしいかを、依頼の前に自分の中でしっかり決めておきましょう。その上で探偵事務所の無料相談を利用し状況を説明。すべての条件を揃えて見積もりを貰うことで、正確で財布に優しい見積もりになるはずです。

結婚相談所やお見合いパーティー、さらにはSNSなど昔に比べて出会う場は間違いなく
広がっています。その結果お互いの背景を知らないまま交際に発展し、その延長線上で結婚に辿り着くことも多くなりました。

そんな時代だからこそ、探偵による事前結婚調査が必要な案件が増えたのでしょう。
あなた自身が、またはあなたの親族が結婚を前に少しでも不安を抱いているようであれば、ぜひ探偵社に相談することをオススメします。 
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚盗聴器
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.