浮気癖のある旦那に浮気をやめさせる方法、意外な浮気の防止対策を紹介します。

探偵/興信所依頼の参考書
旦那の浮気対策とやめさせる方法
浮気をやめさせるには、男がなぜ浮気をしてしまうのかを知る必要があり。
旦那に浮気をやめさせる方法、意外な浮気防止対策とは?

浮気をする男の思考回路
なぜ男は浮気をするのか?

この答えはなかなか回答が難しいと言わざるを得ません。
なぜなら浮気をするタイプの男にも、様々なタイプがいるからです。

そもそも浮気自体が悪いことだという認識がない男もいますし、
罪悪感は感じながらも、そんな中で浮気をすることが好きという男もいます。

中には浮気する気はないのに、
女性の方が言い寄ってくるなどという猛者もいるでしょう。

そう考えると、ひとえに「旦那の浮気をやめさせる方法」と言っても、
そう事は単純ではありません。

ただ、このやめさせる方法を、「今現在している浮気をやめさせる方法」
と考えれば、その方法は存在するはずです。

そんな方法を考えていきましょう。

どんな男が浮気をするのか?

浮気をする男のタイプは様々いますが、ある程度共通点があります。

まず第一に「口が上手い」ということ。
これは外で女性を口説く時にも必要なスキルですが、同時に浮気がバレた時、
言い訳をする際にも必要なスキルです


いわゆる「口から生まれてきたような男」、
「屁理屈をこねるのが得意な男」ということでしょうか。

さらに考察すると、「基本的に自分本位」という共通点もあります。
浮気自体が、本妻や本命の恋人に対して悪いことである、一般道徳としても悪であるという認識は、普通の人間なら共通して持っているものです。


当然浮気をする男にもこの認識はあるはずです。


しかし、そんな当たり前の認識を飛び越えて、
自身の欲望のままに突っ走ることができるのが浮気男の特徴です。

ちなみに自分本位なタイプが多いので、浮気をしてもあまり
「自分が悪い」とは考えません。


「浮気相手が悪い」「嫁が悪い」などと、
他人に責任転嫁をするタイプでもあります。

最後はおまけになりますが、「奥さんを束縛するタイプ」でもあります。

自分が浮気をするということは、当然奥さんも浮気をするものだと考えるのが
浮気男の特徴です。
ですので、奥さんの浮気を常に疑っているタイプが多いと言えます。


どうすれば旦那は浮気をやめるのか?

そんな自分勝手で猜疑心が強く、言い訳に長けたタイプの男が、
どうすれば浮気をやめるのか?

「浮気は悪いことだ」といまさら思わせるのはほぼ不可能でしょう。
そんな常識を飛び越えて浮気をしている人物ですから、それは無理があります。

そもそも浮気は、本命の奥さんがいるからできることです。
つまり帰る場所があるから浮気ができるのです。そんな浮気男にとって、
一番怖いのは「帰る場所がなくなること」。

つまり離婚ということになります。

しかし、今回のテーマは浮気を離婚という最終手段で「解決」することではなく、
「やめさせる」ことですから、離婚届を付きつけたらOKということにはなりません。

つまり、「変な遊びを続けていると、離婚するぞ」というプレッシャーを与えることが重要ということになります。では、どのようにプレッシャーをかけるのがいいのでしょうか?


言い逃れができない証拠をつかみ…

プレッシャーのかけ方は相手次第です。

例えば結婚前から浮気をしている浮気常習者と、まさか浮気をしているとは…
と思うような浮気初心者では、プレッシャーのかけ方を変える必要があります。

浮気常習者が相手なら、ある程度こちらが証拠を握っていることを仄めかしながら、今回までは許すけど次はないとハッキリ伝えるのがいいでしょう。

常習者になると無言の圧や、遠回しな言い方ではあまり反応がありません。

こちらはキッチリ証拠を握っている。

その上で今回までは許してやるという態度で臨みましょう。
決して「結局何回浮気してもコイツは許してくれる」という印象だけは残さないように。

「これが最後」と通告することが重要です。

浮気初心者の場合は、あまりに強い圧は逆効果になりかねません。

この場合の逆効果とは、いわゆる「逆ギレ」というやつです。
「ちょっとした出来心だったのに、そんなに言われるくらいなら…」と、
相手がキレるようなことがあると、2人の関係は元に戻らなくなる可能性があります。

ではどうするか?できるだけ遠回しで言うのが効果的です。

遠回しに伝える方法はいくつかありますが、
例えば知り合いの話にすり替えるという方法があります。

「私の大学の同級生の旦那さんが浮気をしているらしいのよー。
相手は7際年下の会社の後輩だって。その友達は今離婚を考えていて相談されちゃった」などと言ってみてください。

浮気相手との関係性や年齢差が、旦那さんの浮気のケースとまったく同じであれば、浮気初心者の旦那さんは相当焦るはずです。

そして最後に、「旦那さんもバカよねー。まだ奥さんにバレている事に気づいていないみたいなの。大抵の奥さんは旦那が外で何しているのか知っているのにねー」と、

他人事のように伝えてみましょう。
浮気の経験が少ない旦那さんなら、「コイツもしかして知っているのかも…」と、
浮気を後悔するはずです。

いずれにしても証拠入手が大事
相手がどんなタイプであろうと、浮気をされた時に重要なのは
「確実な証拠」を持っているかどうかです。


確実な証拠さえ手にしていれば、浮気をやめさせるにしても、離婚をするにしても、後の話し合いで貴女は有利に事を運ぶことができます。

そんな浮気の確実な証拠をつかむのであれば、やはり探偵事務所に調査を
依頼するのが最適解です。

浮気調査のプロが、決して調査対象にはバレないように、
貴女の望む証拠を掴んでくれるはずです。


「浮気は男の甲斐性」などという無責任な言葉がありますが、
「浮気の証拠を入手するのが女の手段」と考えておいてください。

今回お伝えしたのは、「今現在の浮気をやめさせる方法」になります。
一度はやめてもまた繰り返す可能性があるのが浮気。

万が一また同じ愚行を繰り返すようなことがあった時は、
奥さんとしても毅然とした態度で挑む必要があります。

最悪「離婚」という選択肢も心に留めておくことをオススメしつつ、
二度と旦那さんが愚かな誘惑に負けないことを祈っております。
浮気に関する記事
TOPへ戻る
探偵浮気結婚調査浮気調査離婚
Coryright© 探偵依頼の参考書 right reserved.